返済できなくなったときの対処法

カードローンを返せないという状態になったときに、何も考えられなくて放置してしまう人もいるようです。金融機関から催促の電話があるのが嫌だと感じるのは最初だけで、慣れてくれば携帯電話のバッテリーが持つかどうか心配するくらいになる人もいるそうです。放置しておいても問題はないと、そう思ってしまうかも知れませんが、実はいろいろと不便なことが出てきます。将来的に考えれば、一度整理しておいた方が良いでしょう。

 

そのための方法はいくつかありますが、キャッシングで少し借り入れをしたという人の場合には、任意整理をまず検討するべきでしょう。これは、債権者と話し合って解決する方法を指します。借金を返したいけど返せないという状態の時にとるべき方法です。具体的には交渉を行って、債務の減額や返済金額の減額などを行いいます。その後も返済を続けていくことは必要になりますが、何とか返していけるようになるケースが多いです。

 

カードローンやキャッシングの借入金額が大きすぎて、もはやどうやっても無理だという状態であれば自己破産という方法をとることもできます。自己破産は、借金がすべてなくなる方法です。これは法律に定められている手続きですから、法的な手続きに従っていけばたいていは成功するでしょう。ただ、免責不許可事由なども定められていて成立しないケースなどもありますから、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談をした方が確実です。
さらにこちら(⇒女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!弁護士が勧める方法と影響で書かれています。