債務整理の方法とは?4つの種類と内容を説明!

債務整理は借金を減額できる方法です。
債務整理には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4つの方法があり、最近よく耳にするようになった過払い金請求」は、任意整理に含まれる手続きとなります。
過払い金とは、本来支払う必要がない、貸金業者に支払い過ぎていた利息のことで、長年借り入れをしている人は、過払い金が返還されるケースも少なくありません。
裁判所を通さずに弁護士や司法書士などの法律の専門家によって、貸金業者と交渉を行い、借金を減額することができるので、督促や取り立てによる精神的な負担も軽減することができます。
ただ返済が免除されるものではなく、信用機関に事故情報が登録される結果、新たにクレジットカードが作れなくなる可能性もあります。そのためある程度収入のある人にとっては、有効は手段といえます。
自己破産と個人再生の場合、裁判所の決定内容を官報に公告することが規定されていますが、この手続きでは公告されることはありません。

 

近年、多重債務で悩んでいる人が増加していますが、債務整理を行うことで返済額を大幅に軽減することも可能です。そのためには、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することが大切です。
自治体では月に一度程度、無料相談を行っていますから、まずは相談することからはじめてみてはいかがでしょうか。
債務整理が得意な法律事務所もあり、支店も多くあります。
どの手続きもデメリット以上にメリットが大きいので、自身にあった手続きを選択することをおすすめします。