カードローンの金利を下げる方法とは?

消費者金融などのカードローンを利用していると気になるのは利息です。リボ払いで何気なく返済をしていると気にならないかもしれませんが、実際に計算してみると予想外に多くの金額を支払っていることに気づくでしょう。これをなんとか下げることはできないでしょうか。下げる方法は4つあります。
1つめは優良顧客となり、限度額はそのままにして下げてもらう方法です。優良顧客とは、長い間借り入れや返済などをしており、一度も延滞がない人のことです。そのような人は、短期間で借り入れをして返済を完了させる人よりも多くの金利を支払っています。金融会社としてはそのような人により多く借りてほしいのです。そのため、優良顧客は利息を下げてより長く取引してもらうようにするのです。
2つ目の方法は限度額を100万円以上に上げることです。借り入れをした額が100万円未満の場合は法定金利の上限が18パーセントですが、それ以上になると15パーセントとなります。金利を下げなければ法律違反となってしまいます。
3つ目の方法はおまとめローンを利用する方法です。複数のところから借り入れをしている場合は、一つにまとめると利息が下がるケースがあります。小さい金額でたくさんのところから借りるよりも、1ヶ所で大きな金額を借りたほうが利息が安くなるからです。返済先が1社にまとまるのもメリットの一つです。
4つ目は借り換えです。今借りているところよりも利息が安いカードローンを探して借り換えをします。もう一度審査を受けなければいけませんが、それさえ通ってしまえば簡単に実行できます。もっとも簡単な方法といえるでしょう。