【カードローン返済相談】誰に相談すればいいですか?

借金が返済できなくなってしまった時やローンの利息の負担が苦しい時などは、一刻も早く誰かに相談すべきです。身内や信頼できる友人など、相談できそうな人に話を聞いてもらいましょう。自分一人で頭を抱えて苦しんでいても埒が明きませんので、カードローン返済相談などは、早いほうがいいのです。
しかし債務整理を真剣に考えるような場合は、弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談するのが一番です。ただしその手続きとトラブル解決方法は、そのどちらに相談するのかによって事情が違ってきます。まずは弁護士と司法書士の違いを理解することから始めましょう。
そもそも弁護士とは、事件や事故などについて法的アドバイスをしたり,代理人として消費者金融などと交渉を行ってくれる人です。一方,司法書士は会社や不動産などの登記を行う専門家です。ですから借金問題の観点から考えても、両者は違うのです。
弁護士は債務整理の法律相談に応じたり、時には代理人として交渉や訴訟もできます。しかし司法書士は、総債権額140万円以下に限って過払い金を含めた借金問題を取り扱うことが出来るのです。また、弁護士ならば自己破産や個人再生の代理人にもなれますが、司法書士に出来るのは、法制度上、裁判所に提出する書類作成の代理までであり、あとはサポートをするくらいです。
とは言えカードローン返済相談は、必ずしも弁護士が良いとは限りません。司法書士に依頼するほうが費用が安く済む場合もありますので、どちらがベターとは一概には言えないのです。あくまでも自分の場合はどちらが適しているのか、個別に判断すべきです。