債務整理の費用の相場はいくらぐらい?

債務整理とは返済が困難または不可能となった借金を整理することです。債務整理といっても種類があり、弁護士や司法書士に仲介を依頼して債権者と交渉して債務の減免を目指す任意整理と、裁判所に申し立てて行う個人再生と自己破産があり、個人再生では、大幅な減免を受けることができ、自己破産ではすべてを免責させることができます。裁判所に申し立てて行う場合の費用としては裁判所が手続きをする上で必要とされる実費と予納金が必要になります。自身でも行うことができ、資産がなく収入で借金を返すことができないほどの場合に受けることができる破産手続きの開始と同時に免責を受けられる同時廃止となった場合には6万円程度で破産することができます。しかし、それ以外の場合には破産管財人などに支払う費用を負担する必要があり30万円から50万円程度が必要になります。また弁護士や司法書士に依頼した場合の相場としては、20万円から50万円程度は必要になるなど債務整理にするためには一定のお金が必要です。
一方で任意整理の場合の費用の場合には1社あたり3万円から4万円程度になります。このさいに消費者金融のキャッシングを長期間にわたって利用していた場合には過払い金請求も行なわれることになります。過払い金はグレーゾーン金利によって払い過ぎた利息のことであり、請求することで取り戻せるお金です。このため、この取り戻した金額によっては相殺することができるため実質自己負担なしで債務整理を行うことが可能です。