借金を払わないとどうなるの?

借金が返済できないからといって、借金払わないとどうなるのかいうと経済状況などによっていろいろなケースが考えられますが、時間がたてばたつほど状況が悪くなっていくのは間違いありません。
借金には時効があるので、時効までの5年間逃げればいいと思う人もいるかもしれませんが、金融業者も黙って待っているわけではありませんから、例えば時効の中断の手続きを裁判所で行うなど様々な法的手段をとってきます。
その間も利息で返済額が増えていくわけですから、借金払わないとどうなるのかというと借金の額がどんどん増えてしまうということになります。
金融業者がとる手段としては時効の中断の手続きがあるとかきましたが、その他にもまず電話や訪問があります。テレビやドラマなどの影響で勘違いをしている人も多いのですが、電話や自宅を訪問するということは法律的にも違反ではありません。もちろん夜間の禁止や脅迫的な言葉を使ってはいけないという決まりはありますが、ルールに従っての訪問などは何の問題もないのです。
またちゃんと収入がある場合には、給料の差し押さえといった法的な手段をとられることもあります。
ですから借金払わないとどうなるのかはわかると思います。
解決策としてはまず専門家に相談してみることでしょう。弁護士事務所などでは無料で相談を受け付けているところも多くあります。
まず相談をして借金の整理や自己破産などの手段を選び依頼することが大切です。